お問合せ診療カレンダー

歯を失う原因は、主にむし歯と歯周病、咬む力と言われています。

歯周病は初期の段階ではあまり症状もなく進行します。歯ぐきの炎症を起こし少しずつ歯の周りの骨を溶かし、歯が揺れ始めます。やがては歯が抜けてしまう病気です。

最近では心臓病、糖尿病など、全身疾患の関連が問題視されています。妊婦さんも胎児に影響を与えることが分かっていますので、歯周病には注意が必要です。

歯周病は様々な細菌が関与した細菌感染症です。歯にプラーク(歯垢)が溜まることで、歯周病の進行を招きます。細菌は次第にバイオフィルムという集合体を形成します。

細菌の集団が集まってコロニーを形成し、バイオフィルムは強力なバリヤーになっているので薬も効果がありません。

いったん出来てしまったバイオフィルムは歯磨きでは除去出来ません。そのため、歯科にある専用の機械などを用いてバイオフィルムを除去する必要があります。その際に、レーザーによる処置も効果的です。

お気軽にお電話ください。

初診の方・月初めの診察の方は、保険証を忘れずにお持ち下さい。