お問合せ診療カレンダー

妊娠中の歯科治療

この夏、今野歯科には妊婦さんの患者さんが多くいらっしゃいました。
結構な人数なのでびっくりです!
あの人もこの人も!?って感じで、続くときは続くものですね。

妊婦さんマーク
歯科と妊娠については、結構関係があります。

妊娠すると体の変化が口の中にも現れます。
歯茎が腫れやすくなり、歯磨きすると出血しやすくなる方もいます(妊娠性歯肉炎)が
普段から歯磨きをしっかりしている方はあまり心配することはないです。

歯周病は、早産や低体重児出産を引き起こす恐れがあることが分かっています。
歯周病と診断されている方は、定期的な受診とセルフケアが大切です。

むし歯の治療などは安定期(16週~27週)に行います。
先延ばしにして妊娠後期になると、応急処置で対応することになるので注意してください。
いずれにせよ妊娠する前から定期的に歯科を受診して予防するのが重要です。

ところで母子健康手帳に「妊娠中と産後の歯の状態」というページがあるのを
ご存知ですか?

母子手帳
妊娠中の口の中、歯の状態を記録しますので受診の際は持参してください。
検診は安定期に入ったらすぐに来られると良いです。
治療が必要な歯があった場合、安定期のうちに治してしまいましょう。

この夏来られた妊婦さん、里帰り出産の方が多いみたいです。
落ち着いたらお子さんを連れて来てくれるのを楽しみに
待っていますね。